• 悲劇の天才漫画家、「マカロニほうれん荘」作者の悲哀。
    悲劇の天才漫画家、「マカロニほうれん荘」作者の悲哀。―ブラック企業の漫画誌が天才作家の希望と前途を粉砕し、独裁政府が若者達の未来を絶望で塗りつぶす― 皆さんは1977年から1979年まで少年チャンピオンに連載された、鴨川つばめ氏の「マカロニほうれん莊」をご存じでしょうか? 幸運な事に、私はこの稀有なる天才漫画家の作品にリアルタイムで触れる機会を得ました。 この漫画の主人公は3人。金藤日曜(きんどう ...
  • アンデルセン物語。キャンティーの夢。クリスマスの贈り物。
    アンデルセン物語。キャンティーの夢。クリスマスの贈り物。― 二人の天才はこの世の現実を知っていた ― 手塚治虫先生の手になるテレビアニメの一つに「アンデルセン物語」というのがあります。知っておられる方もおられるかもしれません。 この作品は世界最高の童話作家にして詩人、デンマークの誇りである天才、ハンス・クリスチャン・アンデルセン原作を、多少の脚色を加えてアニメにした物です。マッチ売りの少女。 ヨーロ...
  • 深層心理の探求者、楳図かずおの世界。
    深層心理の探求者、楳図かずおの世界。―天才の慧眼と洞察力が、人の心の闇を暴き出す― 戦前戦中の大日本帝国では、天皇を頂点とした独裁恐怖政治が横行し、反戦平和を口にするものは憲兵か特高警察に逮捕、連行され、裁判抜きで拷問され虐殺されました。国民も独裁政府に忖度し、かつてのソ連の恐怖政治さながらに、全ての国民が独裁者のスパイとして、戦争に反対する者や政府を批判する者を密告しては惨殺し、それどころか村や町...
  • イーハトーブ幻想 KENJIの春
    ―世界が全体幸福にならないうちは、個人の幸いはありえない……― この言葉は、賢治先生のファンなら知らぬものもいない言葉でしょう。 けれども、実際にこの心優しい先生が、どんな風に考え、どんな言葉を語り、どんな行動をして生きたのか、その答えを与えてくれるのが、アタゴオル物語の作者で、賢治先生の童話作品を忠実に漫画化したエコロジストであり、最も賢治先生を理解しそのそば近くにいる存在、漫画家のますむらひろし先...
  • 遊星仮面の夢。
    遊星仮面の夢。―日本では未来永劫、世に出ないであろう世界で唯一の最高傑作― このアニメ作品は、戦後の日本で作られましたが、恐らく今の日本では、決して再評価されることも再放送されることもないでしょう。 まず、主題歌の歌詞をご覧ください。遊星仮面の歌。「誰だ!?」「人呼んで遊星仮面!」戦争をやめろ! 地球の危機がやってくるその日その時現われたマントとマスクの正義の子その名は人呼んで遊星仮面シュシュシュとう...

プロフィール

jyukoh

漫画とアニメはもはや世界的な芸術です。その魅力をご紹介致します。漫画とアニメの真価、それはどこにあるのでしょう? 皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

カテゴリー